目のくまの改善・青くま

目は顔の印象を左右する重要なポイントです。
目の下にクマがあると、疲れて見えたり、不健康そうな印象を与えたりすることがあります。

目のくまはどうしてできるのでしょうか。
まず、青くまといわれる目のくまについて考えてみましょう。
目の下の皮膚は非常に薄く、また毛細血管が多く集まっています。
それらの毛細血管が血行不良をおこすと、その毛細血管が黒ずみ、それが透けて見えるのが青くまです。

肌の血行不良は、いろいろな要因で起こります。
身体の冷えや睡眠不足などがまず挙げられますが、それ以外にも、ストレスや肩こりなどでも引き起こされます。

青くまの対策としては、血行不良を改善することです。
その方法は、簡単なのは、温冷タオルによるケアです。

温かいタオルと冷たいタオルを交互に30秒程度、目の下に当てます。
血行が促進されますので、くまが改善されます。

基本的には身体全体を冷やさないことも大切です。
半身浴などで身体全体を暖めると、身体の血行が促進され、くまの改善につながります。
目の下のくまをとる方法はこちらのサイトにも掲載されています。